講座案内 構造化評価学領域 一覧へ戻る

構造化デザイン講座

構造化評価学領域 (大畑研究室)

社会インフラ構造物や工業製品を安全にかつ高信頼性のもとで製作するためには,「破壊を知る」ことにより,いかに設計するかが重要となる。南研究室では,延性/脆性/疲労/環境破壊の各種破壊のメカニズムの解明を基礎におき、微視的な損傷/破壊モデルを提案することにより,「材料ミクロ組織」ー「材料/溶接部特性」ー「構造性能」のミクロからマクロまでの各階層の特性を相互に評価可能なシミュレーション手法の構築を目指した研究・教育に取り組んでいます。このような材料を活かす構造設計,構造に活きる材料開発に結びつく革新的な「材料ー構造インタラクティブ性能評価手法」の構築を目指しています。



教授   :大畑 充
助教   :庄司 博人

研究テーマ
  • ローカルクライテリオンによる鋼構造物の破壊安全性評価手法の開発
  • シャルピ試験からみた構造用鋼の破壊靱性評価手法の開発
  • ダメージメカニックスによる溶接継手の破壊特性シミュレーション
  • ミクローマクロ損傷解析による高性能鋼創成に関する研究
  • 耐震安全性向上のための鋼材微視的組織制御指針の提案
  • インフラ構造物へのレーザ溶接適用拡大のための破壊性能評価法の提案
  • 材料試験に基づく構造信頼性評価システム
  • 超鉄鋼材料の遅れ破壊特性評価への材料/力学融合アプローチ
  • 電子状態からみた金属間化合物の超伝導機能発現に関する考察
  • 分子軌道法による生体分子の高機能評価

構造化評価学領域のページへ  

ページトップへ