講座案内 結晶成長工学領域 一覧へ戻る

構造機能制御学講座

結晶成長工学領域 (藤原研究室)

到来する大規模情報流通ネットワークを視野に入れた新規量子機能材料の創製を目的 として、半導体を中心に、誘電体(絶縁体)や金属および、それらからなる複合材料 を原子のレベルで制御して作製したり、新規機能を発現する不純物を意図的に添加し たりする「ボトムアップ型機能制御」に取り組んでいます。



教授 : 藤原 康文
准教授 : 館林 潤
助教 : 市川 修平

研究テーマ
  • 原子レベル制御結晶成長と不純物添加
  • 半導体量子構造
  • 半導体/誘電体/金属複合量子構造
  • 希土類添加と物性評価
  • 光デバイスの設計・作製と特性評価
  • 超急冷凝固法による非平衡材料の作製

結晶成長工学領域のページへ  

ページトップへ