講座案内 界面制御工学領域 一覧へ戻る

材料エネルギー理工学講座

界面制御工学領域 (田中研究室)

「界面」の理解・制御およびそれらを利用した材料創製による循環型社会の構築を目指した教育と研究を行っています。特に、異相間の濡れ現象の物理化学的研究,ナノ粒子の物理化学的特性の解明,電極反応に伴う電極表面構造および形態変化の原子間力顕微鏡による電解液中その場観察,および製鉄プロセスの副産物と廃熱を利用した水熱反応による高機能材料の創製に力を注いでいます。



教授 : 田中 敏宏
准教授 : 勝山 茂
准教授 : 鈴木 賢紀

研究テーマ
  • 水熱反応による動脈系プロセス副生物の利材化
  • スラグを利用した分相ガラスの創製
  • 特異拡張濡れの機構解明とその応用
  • "Capillary Refining"による不純物除去法の検討
  • 溶融亜鉛の各種鋼板への動的濡れ挙動の解析
  • 熱力学データベースを利用した高温融体物性値の推算
  • 黒鉛層間金属ナノ粒子の創製
  • AFMによる電極反応の電解液中その場観察

界面制御工学領域のページへ  

ページトップへ
menu
  • 学科・専攻案内
  • 講座案内
  • 入学案内
  • 教育カリキュラム
  • 卒業生の進路
  • 職員一覧
  • 交通・アクセス
link
  • 大阪大学
    工学部・工学研究科