講座案内 量子材料物性学領域 一覧へ戻る

材料物性学講座

量子材料物性学領域 (吉矢研究室)

実材料を念頭に様々な計算材料科学的手法を駆使し、既存の材料物性発現機構への理解と量子論のみに基づき既存の特性理論に囚われない材料設計法の構築を通じて,固体物性理論へのフィードバック及び理論拡張、およびそれに基づいた新規材料の創成と機能設計を試みる.適用を試みる応用は様々であるが、材料の不完全性(格子欠陥など)に基づき微視的輸送現象(界面の移動=相変態、を含む)を根幹とする。



教授 : 吉矢 真人

研究テーマ
  • 格子欠陥制御を通じた既存理論を越えた電子/熱/光伝導制御
  • 量子論に基づいた拡散・イオン伝導制御
  • 量子論からの表面/界面/粒界の特性制御及び最適化
  • 構造形成特性の制御を通じた材料組織形成の最適化
  • 材料プロセス実験等による逆問題に基づく支配材料特性制御

量子材料物性学領域のページへ  

ページトップへ
menu
  • 学科・専攻案内
  • 講座案内
  • 入学案内
  • 教育カリキュラム
  • 卒業生の進路
  • 職員一覧
  • 交通・アクセス
link
  • 大阪大学
    工学部・工学研究科